ブログを書いてる途中でボツになる絶望を回避し、ついでに文章力も上げる方法

最近、ブログ記事を書いている途中で「これおもんないな…」とか「うまくまとまらんな…」ってなってボツになることがよくあります。

途中まで書いてボツになるとけっこうしんどいです。そういう記事はツイッターに流してリサイクルすることもあるんですが、時間を奪われたなーという感じはします。時間を奪われると言うことはつまりコストがかかるということなので、ビジネスとしてよろしくありません。

今回はなぜボツになるかを考え、書いてる途中でボツにならない回避策を考えてみます。そして記事を書いたあとに気付いたんですが、この回避策を行うことでついでに文章力がアップします

それでは参りましょう。




ボツになる理由

ブログを書いている途中でボツになるのは、たいていは

・おもしろくない、内容が薄すぎて記事にならない
・知見が足りず、うまくまとまらない

の2つだと思います。

内容が薄い記事に関しては、ツイッターで流してしまいましょう。これは割とすぐ気づくし捨てネタにもならないので、そこまでダメージはありません。

問題は、「知見が足りず、うまくまとまらない」場合。これは完全に自分の力不足で、しかもだいたい記事の中盤~終盤あたりに気付くので、時間もかなり経っています。

調べて後でリベンジしてもいいんですが、熱意も冷めだいたい2度と書くことはありません。さてどうしよう。答えは実は簡単でした。

先に構成を練る

「ブログの途中でボツになる」のを防ぎたいのは、ひとえに無駄な時間を使ってしまうのが嫌だからに異なりません。

では、時間がかかることをする前、つまりブログを書き始める前の段階であれば、ボツになってもそれほどしんどくないです。

構成を作るのは割と簡単で、

・見出しのみ書く
・要点を箇条書きする

この見出しと要点がうまく書けないときは、「まとまっていない」ということになりますので、まとめることができるまで下調べをするか、諦めて別のネタを探します。

この記事の場合は、こんな感じ。

【記事のテーマ】

ブログを書いてる途中でボツになるとしんどいので、回避策を考える

なぜボツになるのか?

回避策(例)

まとめ(教訓)

締め(明るい未来)

【ボツになる理由】

・なぜボツになるのか理由を書く。
・・おもしろくない、内容が薄すぎて記事にならない
・・知見が足りず、うまくまとまらない

【回避策】

・回避策は、先に構成を練ること。
・構成段階でのボツは痛くない。
・例を書く。

【まとめ】

・構成を考えておくことは大事。
・構成を練ることで読みやすい記事にもなる。

【締め】

おわり

こんな感じです。

こうやって見出しと要点を先にまとめておくことで、スラスラ書きやすくなるだけでなく、文章の構造がしっかりし、ユーザーにとっても見やすい文章になります。

おわり

ブログを書く時間は、めちゃくちゃ凝った記事を書くとき以外は、1記事につき1時間くらいがちょうどいいと思います。あんまり時間がかかる記事ばっかり書いてると楽しくもないです。

書く時間よりも、ネタを探したり、ブログの育て方を研究するために時間を使い、そしてできる限り頻繁に更新することが個人ブログ成功の近道でもあります。

それじゃ、バイバイ!