独立2年目にして感じる、フリーランスのメリットとデメリット

「フリーランスは会社員より優れている」

「フリーランスに憧れている」

そんな声をよく耳にしますが、果たして本当にそう言い切れるのでしょうか?

僕は2017年4月に、3年勤めていた会社を辞めてフリーランスになり、今で1.5年フリーランスとして活動していることになりますが、フリーランスをやっていて会社員と比べて感じたメリットとデメリットを書いてみたいと思います。







フリーランスのメリット

フリーランスのメリットは、なんと言っても「自由」。その一言に尽きるんじゃないかと思います。具体的に得られる自由は以下の3つの自由です。

時間を自由に使える

朝何時に起きようが、夜何時に寝ようが、何時に何曜日に仕事してようが、納期に間に合ってちゃんとクライアントと連絡がとれていれば何の問題もありません。

収入と相談し、自分で仕事時間を管理することができます。

やる気が出ないときは後回しにしてもいいし、なんかもういやだなと思ったらいきなり観光地とか行って気分をリフレッシュしてもいいです。納期に遅れないようスケジュールはきっちり把握しておく必要はありますが、スケジュール管理も自由なので、あんま仕事したくないなーと思ったら緩めにすることもできる。なんてこった。

また、仕事中にツイッター見るのも自由です。

仕事を自由に選べる

やりたくない仕事、できない仕事は「専門外なのでできない」とはっきり言えば、やらなくて済みます。というか、それが当たり前だと思うんですけどね…会社員だと、上からGOが出ればやらざるを得ないことが多いと思いますが、フリーランスの場合は自分のことは自分で決められますので、専門外の仕事をやる必要はありません。

むしろ、苦手な仕事はやらないほうがいいです。質も落ちるし、しんどいし、稼げないしでいいことはまったくないです。

更に、メインとなる仕事以外にも、ブログ書いたりサービス作ったり、自分でやりたい仕事を自由に選ぶことができます。会社も副業可能のところはあると思いますが、さすがに会社での仕事中に他の仕事できませんからね。フリーランスの場合は副業というより、いろんな仕事が好きなようにできるといったイメージです。

なんならカフェとか経営してみたいです。

人を自由に選べる

会社員であれば、一緒に仕事をする人やクライアントを選ぶことは基本的にはできません。嫌な人とも仕事しなきゃいけないし、腹立つクライアントでも親切丁寧に接する必要があります。残念な上司にうんざりしてる人もよく見かけます。

フリーランスの場合は、「あっこの人無理だわ…生理的に無理」って人がいたら(僕は出会ったことないですがw)、「その人とは仕事をしない」という選択をすることができます。むしろいい人に囲まれていたほうが、いい仕事が入りやすい気がします。

以前、とある企業の社長が「自分の好きな客しか相手しない。そうすれば嫌な客は寄ってこないから会社が綺麗だし、良い客ばかり入ってくるようになる」と言ってるのを聞いてマジかすげぇ考えやなと思ってた頃がありますが、これは確かにその通りなのかもしれません。

以上が、フリーランスが得られる「3つの自由」です。ストレスフリーですよね。僕は何かに縛られるのが嫌いなので、非常に楽しいです。ただし、これらの自由は「生活ができるほどの収入がある」ことが前提で成り立つことを忘れないでください。



フリーランスのデメリット

フリーランスのデメリットは、ほぼ「金銭面」にたどり着くんじゃないかと思います。そしてもう一つは、「孤独」です。

「仕事がない」=「収入がない」

当然ですが、仕事をしてお金を稼がないと、生きていけません。中には海外とかで月5万円で生活しているという方もいるようですが、そんなことができるのは稀な人間で、ほとんどの普通の人間は日本で一ヶ月にけっこうな金額を使いながら生きていくしかないです。

会社員の場合は、会社でちゃんと仕事をしていれば安定して給料をもらえますし、会社自体に仕事がなくて何かよくわからない作業ばっかりしている期間があったとしても給料は一定で入ります。(まともじゃない会社は一旦置いときましょう。例外です。)

ちゃんと自分で考え、仕事を取ることができて、そして事業を成長させていく向上心がなければ、フリーランスとして稼ぎ続けるのは難しいでしょう。クライアントを満足させる実力さえあれば、継続して仕事をもらえる可能性が高いので、初期のころはだいぶ安定しますが、それでもいつまでも同じことをやっていて稼ぎ続けることができるという保証は皆無です。

それに、継続的に受託案件をいただいているとしてもやはり「仕事がない時期」ってのはどうしてもでてきます。クライアントも常に回せる仕事があるわけじゃないですしね。さらに、納期の関係で支払いが1ヶ月先になったりなんてのは割とよくあります。僕も今まで「ほとんど収入がない月」というのを3回ほど経験していますが、けっこうきついです…胃にきますねw

会社員はボーナスや昇給があっていいなぁ!

ちなみにフリーランスのほうが会社員より稼げると言ってる人をたまに見かけますが、全然そんなことないですよ。フリーランスの約半数が、年収200万に満たないと言われています。

ただ給料と違って上限がなく、そしていろんなことに挑戦する時間があるので、稼ぐチャンスはあるというだけですね。けっこう勘違いされているポイントだと思います。

仲間がいない

これは「フリーランス仲間がいない」という話ではないです。フリーランス仲間を増やしたいだけであれば、イベントやセミナーに参加して交流していればなんとなく増えていきますので、デメリットとは言えません。

フリーランスへ外注してみるのもいいですね。いいフリーランスだなと思ったら、継続して一緒に仕事しようとなります。僕も徐々にですが、フリーランス仲間と呼べる人が増えてきました。

ただ、会社員であれば会社に行けば会社仲間がいます。毎日会いますし、社内での飲み会やイベントで賑やかに楽しんだりできます。気軽に人と話せる、人と触れ合えるっていいですよね…(遠い目)

それだけでなく、例えば急に仕事を休まなきゃいけなくなったときや、どうにも自分の仕事があふれてしまったとき、会社であれば簡単に人に任せることができます。経理であれば経理担当がいますし、それぞれみんな得意分野があるので、自分にできないことをお願いすることも容易です。

フリーランスの場合、経理や経営も自分でやらなければいけないし、自分にできない仕事はできません。もしどうしてもやらなきゃいけない場合は、お金を払って外注ということになるでしょう。

フリーランスで集まってチームを組む「チームランサー」という言葉を聞いたことがありますが、今のところまだ成功例を知りません…

「いやそれ会社でいいじゃん」と思います。会社のほうが信頼もあるのでクライアントも発注しやすいですし。小回りが利くことが強みだけどお互い自分の好きなことがしたいフリーランスが固まってしまっても成功する気がしないです。

「フリーランスと企業のメリットを掛け合わせた」と言われていますが、逆にお互いのメリットをつぶし合っているようにも見えます。

これはただの僕の感想なので、皆様の意見お待ちしております!



おわり

本記事では僕の感じたフリーランスを会社員と比べてのメリットとデメリットを挙げてきましたが、そこに「フリーランスと会社員どちらが優れているのか」という答えを見出すとするならば、正直「人による」としか言えないと思います。

フリーランスは確かに自由ですが、その分大変です。何かを得るということは何かを失うことなんだと思います。

フリーランスになってみたのはいいけど、やっぱり会社員に戻るという人はけっこういますからね。

ただ、僕はフリーランスが大好きです!会社員には戻れないですね。僕のように「プライドが高くて組織に縛られるのが嫌」な一匹狼タイプの人にはフリーランスは向いていると思います。プライドが高いと必然的に向上心もありますので、常に上を目指していけます。

それでは、グッドラック!

シェアする

フォローする