【WordPress】記事内にテンプレートを挿入するプラグイン”TinyMCE Templates”

複数の記事内に同じ内容、例えば広告だったり、他の記事のリストだったりを挿入したいときに便利なプラグイン”TinyMCE Templates“。

使い方は簡単で、プラグインをインストールすると管理メニューに「テンプレート」という項目が追加されるため、そこからテンプレートを作成するだけ。

複数のテンプレートを登録でき、記事内に挿入する際にテンプレートを選択できる。

ショートコードとして挿入

テンプレートを作成する際、更新ボタンの下に「ショートコードとして挿入」という項目があり、デフォルトは「いいえ」になっている。

これを「はい」にすると、登録した内容をショートコードで挿入することができるようになる。

ショートコードとして挿入できると、例えば

「あ、テンプレート修正せんと。でも全記事やるのめんどくせー」

ってときに、ショートコードで挿入している場合は、テンプレート編集画面でテンプレートを修正するだけで済む。

ただし、記事側でテンプレートを編集できないというデメリットがある。

逆に、「いいえ」にするとショートコードではなくテンプレートに書いたhtmlコードをそのまま挿入することになる。

こちらは記事側でhtmlを編集できるが、修正が必要な場合は全記事なおす必要がある。

ショートコードとして挿入を、

  • 「はい」…全記事に同じテンプレートをいれる必要があり、たびたび修正が発生する可能性がある場合(広告を貼りかえる場合等)
  • 「いいえ」…テンプレートの一部を記事ごとに書き換える必要がある場合。(管理者からのコメントや、URL等)

このように使い分けるといいだろう。

シェアする

フォローする