BackWPupのエラー(CPUの時間制限を超えました)をぱぱっと解決

WordPressのバックアップ用プラグインBackWPupをよく使っているんですが、クライアントから自動バックアップでエラーが出るとの連絡が。

ログを見てみるとこんな感じ

エラー:シグナル”SIGXCPU”(CPUの時間制限を超えました)がスクリプトへ送信されます!とのこと。

だいたいはサーバーのスペック不足が原因だと思うのですが、いろいろ試してみて解決したのでメモ。







ファイルとデータベースのジョブは分ける

まず、サーバーへの負担を減らすためにも、ファイルとデータベースのバックアップは分け、それぞれ別のタイミングで自動バックアップをとるよう設定。

これにより、重要なデータベースのバックアップだけでもとりあえず正常に行えるし、そもそもファイルはそんな頻繁にバックアップとらなくていいと思うので(WordPressはあんまりファイルいじらないため。ローカルに手動で保存もできるし。)、データベースは毎日、ファイルは週一でバックアップをとるようにしました。

しかし、これではエラーは解決できませんでした。次いってみましょう。

最大スクリプト実行時間を設定

ググると最初に出てきたのがこれ。

最大スクリプト実行時間を60秒にしてみたらなおったよ~という報告がありましたが、私の場合はだめでした。



サーバーの負荷を軽減で解決

最終的にこれで解決しました。

サーバーの負荷を軽減が、デフォルトでは無効になっているので、最小にしたところ無事自動バックアップが正常に行われていました。

最大スクリプト実行時間はあまり関係ないかもしれませんが、念のため。

よくわからないサーバーを使っていると、よくわからないエラーに悩まされることが多々あります。サーバーはいいサーバーを使おうね!

ダントツおすすめサーバー → エックスサーバー

ではでは、良いWordPressライフを。

シェアする

フォローする