WordPress – 特定のタームの記事だけ処理を変えたいときの条件分岐

「このタームの記事だけ項目を非表示にできますか?」と言われたとき、すぐにはわからなくてちょっと調べたので、以後すぐ思い出せるようにメモ。




実装

has_term( ‘slug’, $taxonomy );を使えば簡単。
第一引数は対象となるターム、第二引数はそのタームが属するタクソノミーを指定します。

ただ項目を非表示にするだけでよかったら、

これだけでOK。

複数のタームを指定したい場合はarray()を使う。

タクソノミー関係の分岐ってけっこうややこしいので、「どうやってググったらええかすらわからん!!」ってときは、WordPress Codexを見てみるのが一番早いです。

以下の記事も参考にどうぞ!

WordPressには関数やフック機能など、便利なものが一通り揃えられていますが、我々はそのほんの一部しか知りません。多すぎて覚えられるわけ...

以上、現場からでした。