Windows10のOpenSSHでconfig使ってgitにSSH接続

Windows10に搭載されているOpenSSHを使って、configを読んでgitにSSH接続する方法がやっとわかったので、備忘録として記載。

‘config’,’秘密鍵ファイル’,’known_hosts’の3つのファイルが先方から送られてきたものの、それをどうすればいいかわからず四苦八苦した。先方にやり方がわかりませんと聞いてみたけど、先方も「Windowsはちょっとわからないので、がんばって調べてみてください」とのこと…まぁそりゃそうだよね…世間はWindowsエンジニアに厳しい。

いろいろ調べたところ、どうやら’.ssh’というディレクトリに上記3つのファイルを置いて、普通なら

と打つだけでSSH接続ができるらしい。というところまではわかった。

ところが’.ssh’がどこにあるのかがわからなかったレベルで、ようやく置き場所がわかって接続もできたよというお話です。



OpenSSHの確認

まずWindows10のOpenSSHが入っているかチェックしましょう。

以下のように出れば入ってます

入ってなければインストールしましょう。

ちなみに、Git付属のOpenSSHを使っている場合は、使用方法がいろいろ違うらしいので、あんま使わないほうがいいんじゃないですかね…ややこしいです。

configの記述方法と設置場所

SSH接続する際、configというファイルを作ってそれを読み込むことで接続が簡単になるというやつ。configがないといろいろ大変らしい。

configの基本的な記述方法は以下のような感じ

Host 接続名(任意)
HostName ホスト名
User ログインユーザ名
port ポート番号
IdentityFile 秘密鍵へのパス

configの置き場所

configの置き場所は以下。

C:\Users\ユーザー名\.ssh

OpenSSHがインストールされていれば、既にそこに’.ssh’あるはず。
なければ作ってみましょう。

接続!

接続できました。

おわり

ただ’.ssh’の場所がわからなかっただけのために、数時間費やしました…どのブログ見ても’~/.ssh’って書いてるんですが、’~’ってなんやねんってなりませんか。僕だけですかね。

がんばれWindowsマンたち!

シェアする

フォローする