「初心者は成功者を真似ろ」を勘違いすると近道どころか逆に遠回りになる

よく、「初心者が成功する近道は、成功者を真似ること」と聞きます。これは確かに正しいことなのですが、ちょっと言葉足らずでして、このまま「成功者が今やってることを真似る」と捉えてしまうと、残念なことになります。

真似るのはいいんですが、真似るのは現状ではなく、経緯です。

いったい何を言ってるんでしょうか。
参りましょう。




成功者が「今」やってることは、初心者には真似できない

例えばイラストについて考えてみましょう。

「SNSを使って、フォロワーを増やして人気絵師になりたい」と考えたとき、既にフォロワーが数万人いる人気絵師がやっていることを参考にしますよね。

この人気絵師はとにかく毎日のように簡単に描けるような絵をアップし、ひたすらコンテンツを生み続けフォロワーを獲得しているようです。

フォロワーが数万人いるということは、言ってしまえばもうちょっとした適当な絵をアップするだけでもめちゃくちゃ拡散される状態にあります。拡散されればフォロワーもまたがっつり増えます。

フォロワーが多いとリクエストの数も増えますし、FANBOXなどのクラウドファンディングも多くの支援者が見込めます。

フォロワー数が既に大量にいる人は、もうそういう仕組みができあがっていて、ばんばんフォロワーが増えるのです。

しかし初心者はどうでしょうか。フォロワーいません。なので適当な絵をアップしても無反応です。めっちゃがんばって描いた絵をアップしてもおそらくそんなに反応はないでしょう。おかしい。人気絵師がやってるのと同じことをしても全然だめだ

というかこの人気絵師が昨日アップした適当な絵より明らかにさっきアップした俺の絵のほうがうまいのに、10いいねくらいしかつかない。理不尽だ。

そりゃそうよ。だってフォロワーがいないんだもの。

フォロワーがいなかったら拡散されません。誰かの目に留まる確率が圧倒的に低いんです。決してあなたのスキルが低いからではありません。見る人がいないんです

フォロワーがいない人が、フォロワーが大量にいる人が今やってることを真似しようとしても、うまくいきません。

じゃあ何をしなきゃいけないかというと、そう、まずフォロワーを増やすところからですよね。

成功者が今までやってきたことを真似る

そう、初心者が真似しなきゃいけないのは、その成功者が今の状態になるまでに行ってきたことです。

例えば既にフォロワーが数万人いる人気絵師を参考に、自分もたくさんのフォロワーがほしい場合。真似しなきゃいけないのは、「その絵師が今フォロワーを増やしている方法」ではなく、「どうやってその絵師が今まで大量のフォロワーを獲得したのか」です。

これはなかなか、見ず知らずの他人に教えてくれる人がいないので、その人に直接聞くことができないのであれば、ある程度自分でロジカルに考える必要があります。

例えば、Twitterを始めてまだあんまり時間が経ってないのに、フォロー数に比べフォロワー数の比率が明らかに多い場合。これは、「既にTwitter以外で人気だった絵師が、Twitterを始めたのでファンが自動的についてきた」と考えるのが自然です。

また、長いことTwitterを続けていて、更に他にも同人活動や依頼制作などをたくさんしている絵師さんがいれば、その人はコツコツいろんな活動を続けてファンを獲得したんだろうと推測されます。

もし、フォローしてる人の数がけっこう多いなと思う人がいれば、その人は序盤はフォロバ待ちでコツコツ増やしていったのかもしれないし、フォローもフォロワーもだいたい同じ数でめっちゃ多い人は、フォローしてもらったらほとんど全員にフォロバするような、ファンを大事にする人なのかもしれません。

ちょっとがっつりフォロー分析の話になっちゃいましたが、要は、成功者が今の状態になるために、やってきたであろうことを推測する。もしくは同じような事例の人がそういった情報を発信していないか探す努力が大事ということです。(法外な値段で売られている情報商材には気をつけましょう。)

もしその方法がわかって、それを実践できたとしたら、ぐっと成功に近づきますよね。成長が早い人は、こういった分析・調査・実践のサイクルを回すのがうまい人なんだと思います。

おわり

「既に成功している人の真似をすれば、誰でも簡単に成功する」というのは間違いです。

そもそも、今すごいことになっている人は、今まで何年も努力してきたんだと思います。そんな途方もない努力を、初心者が今の状態をちょちょっと猿真似しただけで実現できてしまうようでは逆につらいじゃないですか。

尊敬している人ががんばってきたであろうことを、自分もがんばっていきましょう。

ただしい努力で、圧倒的成長!

それじゃ、バイバイ~!