ブログネタがなさすぎて悩んでいたら、悟りが開けて逆にネタが増えた話

えー、ネタがなくなったんですよ。

いや、ネタなんてずいぶん前から、むしろ最初からなかったのかもしれません。

僕のブログは、今までは基本的に「Web制作をしてて、解決するのに時間がかかったこと」を書いている記事がメインでした。
つまり、お悩み解決記事なのですが、なかなかタイミングもジャンルも限定されている上に、もちろんターゲットも限定されています。

そしてついに、そんな記事すら書くことがなくなってきました。
これ以上制作スキルを向上する気がなくなってしまったし、ほとんど同じクライアントからしか仕事請けないので、悩むことがほとんどないんですね。

悩まなきゃ書けない。そんなブログでしたが、ネタがつきたことでもうこのやり方では限界だと感じました。
そして同時に、別のアプローチでブログを続ける方法にいきついたのです。

ネタが切れると、必然的に別の方法をとるようになり、結果、できることが増えます。

いったいこれからどうしようか。
書いてみましょう。




ネタを探すしかない

自分の中から出てくるネタは、もう出尽くしました。
いかに薄っぺらい人生を送っていたのかがわかります。

というわけで、自分の中にもうネタがないなら、外に探しに行くしかなくなるわけです。
ブログを書くために、何かをしなければいけない人生のスタートです。

ここで「ネタがないからもうブログやーめっぴ」ってなったら負けですよ!

むしろここからが本番、スタート地点です。
ようやくここから、「ブロガー」です。
がんばりましょう!

お悩み解決・ノウハウ以外で書けることは何か

ネタがないことついては、以前からずっと困ってました。
ところが、悩みまくってるうちに、あることに気づいたのです。

ネタがないという状態は、人によってちょっと違うかもしれないんですが、僕の場合は「書きたいことがない」という状態なんですね。

もっというと、

・自分の書きたいこと、書けることしか書いてない
・お悩み解決記事・ノウハウ記事にこだわりすぎている
・SEOに縛られすぎている

といった、かなり狭い範囲でしか動いていなかったため、ネタを探すにも採掘場がないといった感じで。

また、お悩み解決記事やSEOに縛られすぎると、「他のブログで書いてるようなことは書けない」という縛りにも苦しめられます。

ここで一回、「もうお悩み解決記事を書くのはやめよう(というか書けないし)」となったとき、逆に消去法で、あとは書ける記事といえば

1.旬な話題、ニュースに対する考察
2.ふと思ったこと、感じたこと
3.なんらかの紹介
4.仕事以外でやってる活動

しかないんです。

4は、僕の場合は創作活動として行っているイラスト制作についての記事をこれから増やしていこうと思っているんですが、まぁこれもまた「ノウハウ・お悩み解決記事」ってことになっちゃうので、たいした量は書けないと思うんですよね。

3は、何か商品を買ったり、サービスを使ったり、ドラマや映画を観たり本を読んだら紹介すればいいと思います。これも、何かを入手しないと始まらない。
ブログを書くためだけに何か使ってみるのはありだと思います。
そうなると、ネタ探しというより「何かよさそうなものを探す」ということをやらなければいけないです。
アフィリエイトやるならこれじゃないでしょうか。

2は、受動的なものなのでなんともならないです。
ふと、思ったことをメモるくせは持ったほうがいいでしょうね。

1は、旬な話題やニュースなどの情報収集をする必要があります。
ネタを探すなら、ここです。

さて、ここまでで「何が書けるか」がだいぶ絞られてきましたので、「どうやってネタを探すか」も考えやすくなりましたね。

複雑なものは考えるのしんどいので、だいたいのことは分解してシンプルにしてやることで、スッキリ考えられるようになります。

結局のところ、「体験ありき」のことを書こうと思うからネタがないのであって、そうではなく、「思ったこと、感じたこと」を書くなら、たぶん無限に書けるんじゃないかと思うんですよね。

ネタを探す(旬な話題や、ニュース)

まずは、旬な話題や、ニュースを探しましょう。
「紹介する商品の探し方」は、今回の話題とやや違うため、パスします。またいつか。

旬な話題を探すポイントとして、SNSでフォロワーが興味ありそうな話題だとなおよしです。

SNSで探す

これについては、twitterの検索から自分のテーマに合いそうなワードで探すのもいいんですが、下準備をしておけばもっと簡単に集まります。

その準備とは、「テーマに合いそうな人をいっぱいフォローしとく」です。

例えばWeb制作のテーマで発信したいなと思ったら、Web制作界隈で有名な人をフォローしたあと、その人がフォローしている人や、その人のツイートをRTしている人なんかを片っ端からフォローしていきましょう。

フォロバされなくても問題ないです。今やることは「情報収集できる環境の準備」なので、こっちが一方的にフォローしていれば何の問題もありません。

フォローしてても全然メリットなさそうと思ったら、フォロー外せばいいと思います。

そんなこんなで300人ほどフォローしたら、それだけでTLはネタの宝庫です。
FF外の有益な情報も、RTやいいねによって流れてきます。
僕も、なんでこれに気づかなかったんだろうなーって感じですね…意識が偏っていると、なかなか当たり前のことに気づかないんですよね。

そして、「お、ええやん」と思ったら、とにかくいいねしましょう。
RTはどっちでもいいです。

で、「何かネタないかなー」と思ったら、自分のいいねしたツイートの一覧を見ればいいわけです。
その中で、「これについて思ったこと書いたろ!」ってのがきっと出てくるはずです。

そして、ブログを書いたらSNSに流しましょう

「こういう話題がありますが、僕の意見はこうです」的なコメントを添えて流せば効果は抜群、そこから交流が生まれることもあります。
一石二鳥。

ニュースやまとめサイトから探す

もう上記の方法で、ほとんどSNSだけで探せると思いますが、たまにニュースサイトも見てみるのもいいです。最新のネタが仕入れられますからね。
運が良ければ、まだ誰もブログにしていない話題にありつけるかもしれません。
Yahoo!ニュースで十分です。

ニュースサイトじゃなくても、はてブとかのまとめサイトでもいいですよね。

Yahoo!ニュースもはてブも、カテゴリーごとに綺麗にまとまってますので、自分のテーマに関係しそうなカテゴリーの記事一覧をざーっと見てみて、なんかおもろそうなこと書いとるやんと思ったら読んでみるのがいいでしょう。

おまけで、エンジニアの場合はQiitaもいいですよね。
Qiitaはブログネタ収集だけでなく、普通に技術的な情報収集としても多いに役に立ちます。

他の人のブログから探す

はてブではいろんな人のブログを読むことができますので、「なんかええやん」と思った人のブログをブックマークしておくといいでしょう。
できればSNSアカウントもフォローしときましょう。

そして、そのブログをじっくり読みます。
どんなテーマで発信してるのか、どんなことをネタにしているのか、どこから情報を得ているのか…などなど、ネタ収集だけでなく、ブログそのものを学ぶことができます。

有名ブロガーさんたちははだいたいSNSをやってると思いますので(やってない方もいますが)、フォローしておくとブログの更新情報もすぐわかりますし、ブログについての考え方なんかも聞けることがあるので、いいなと思ったブロガーさんは積極的にフォローすることをオススメします。

おわり

本記事に限ったことではないですが、僕は、

何もできなくなったときこそ、チャンス

だと思ってます。

何もできなくなったってことは、つまりもうその方法は間違ってるってことですからね。
だめだなーと思ったら、軌道修正すればいい。
そして、軌道修正していくうちに、必ず正しい軌道に乗ることができると信じています。

諦めなければ、必ず報われる、なんてことはないと思いますが、
まだ諦めるには早い段階でやめてしまうのはもったいないですからね。

それじゃこのへんで。
バイバイ!

告知

告知

twitterフォローしてね!