無名人がtwitterでフォロワーを増やすには、結局この3つしかない

twitterでフォロワーを増やすノウハウ、調べたらいっぱい出てきますよね。

「ほんとにそんなことしなきゃいけないの?」
「ほんとにそれ必要?」

っていう内容がありますが、複雑なことを考えるのが苦手な僕が、実際にやってみて、

逆算するとこれしかないじゃん

と思ったことを記事にしたいと思います。

ちなみに、その方法は以下の3つ。

1. プロフィールをわかりやすくする
2. 発信する内容をなるべく偏らせる
3. フォローしてフォロバしてもらう

だけですね。これは、優先順位も大事です。

なお、「有名になればフォロワーは増える」のはそりゃそうだけど、そういうことじゃねぇんだよという声が聞こえてきますので、ここでは「無名な人がフォロワーを増やす」方法に限定します。





プロフィールをわかりやすくする

フォローするとき、どんな人なのかってのは見ますよね。
これは面接と一緒です。

プロフィールがなかったり、アイコンがなかったりうさんくさかったり、ヘッダーがうるさかったりすると、やっぱりフォローするのを躊躇しちゃいます。

なるべく「フォローしたくない要因」を排除するためにも、プロフィールはわかりやすく、不快ではないものを心がけます。

アイコン

犬や猫はダメといいますが、フォローしてもらうのが目的なら、別にいいです。
ただ、個性的なアイコンのほうが記憶に残るのは明らかです。
犬や猫は、自分のペットはめちゃくちゃかわいいのはわかるんですが、知らない人から見たらだいたい一緒です。

あと、顔に自信のある女性はアイコンにしちゃいましょう。
女性はかわいいだけでめっちゃフォローされます

逆に、アイコンとして使わないほうがいいのは、
フリーのアイコンメーカーで作ったアイコンや、安そうなデザインテンプレートを使う安いデザイナーに頼んだのかなという安っぽいアイコン、
うさんくさい笑顔、ぱっとしないおじさんの自撮り、なんかのセミナーで「みんなこうしようぜ」って言われたんだろうなと思われる謎の流行りのアイコン(※これは未熟だと思われるためですが、そういうグループのフォロワーを増やすなら、アリです。)とかです。

もう明らかに有名な人がネタとして使うならアリですが、
「うーん、なんか微妙…」と思われることは極力避けましょう。

人ってね、結局第一印象なんですよ。

え?僕のアイコン?
なんでや!かわいいやろ!!

ヘッダー

ヘッダーについてはよくわかりません。
だって、見ないし

なんか見て、ちょっとおもしろいなと思ったら好感度が上がるくらいです。

逆に、ヘッダーがYoutubeのサムネみたいにやたらうるさいのはフォローしたくないです。
まぁこれは好みの問題かもしれないですね。

もう一回言いますが、フォローする際にヘッダーはほぼ見ません。
なので、ここに労力を割くのはほとんどの場合時間の無駄だと思います。
凝りすぎてうさんくさくなる可能性も十分考えられますしね。
とりあえず、ネタにするか、もしくはいっそバナーなしでもいいと思います。

僕のヘッダーは…あ、ネタに走ってますね。たぶん大丈夫です。

プロフィール

プロフィールには、「どんな人なのか」を簡潔に書くといいと思います。
たまに単語をずらっと並べてる人を見かけますが、これも検索対策としてはアリです。
ただ、それに加えて、軽く自己紹介を入れとくといいんじゃないかな。

プロフィールからサイトに誘導するのも効果的ですが、あまりにもプロフィールにリンク貼りまくってるとちょっとうっとうしいですね。

プロフィールに「年収が~」とか「サラリーマンから一転、自由を手にして~」とか書いてると胡散臭くてしかたないですが、
「そういうのに引っかかる層」をターゲットにしたいなら、別にいいと思います。

ちょっとだけふふってなるような小粋な一言を入れるのもいいですね。「よく食べます」とか。全然関係ないやんみたいなのもありです。
「ふふっ、なんかいいなこの人」って思われたら勝ちです。

発信する内容を偏らせる

プロフィールで好感を得られる準備ができたら、次は発信内容についても気をつけましょう。

Tipsによっては、めちゃくちゃストイックに
「一日何回!」
「発信する時間は20時!」
「ウケなかったら消す!」
みたいな厳しい縛りも紹介されてますが、
僕はそこまでがんばりやでもないので、気を付けていることは以下5つ。

・なるべくフォロワーが反応しそうなことをいう
・マイナスなツイート(愚痴や攻撃)は控える
・全然テーマに添わないツイートをRTしまくらない
・↑RTしてもいいけど、「もういらんかな」と思ったら消す
・がんばりすぎない。ゆるくやる。

まぁ、ここは発信したいテーマやターゲット層、自分のやりたいスタイルで違うと思いますので、
要するに大事なのは「フォロワーが見てくれそうな発信をする」ことを心がけてみてください。

そして、発信を偏らせることで、「この人フォローしたらいい情報が手に入りそう/おもしろそう/癒されそう」といった、
「この人は○○の人」という認識を持ってもらうことができます。
フォローする前に、けっこうタイムライン見たりしますからね。
そこに、全然関係ない話ばかりだったり、人のRTばかりだったり、ネガティブな内容ばかりだとフォローするの躊躇しちゃいますよね。

また、あんまり固いことばっかりツイートしててもおもしろくないです。
たまにはおちゃめなところを見せたり、日常のちょっとしたツイートしたりすると好感度が上がると思います。

発信する時間とかはそんなに気にしなくていいと思います。
TLに人がいない時間を避ければOK。

フォローしてフォロバしてもらう

フォローしてもらえる確率を上げる準備ができたところで、フォロワーを増やす作業をしましょう。

もう、作業っていっちゃったんですが、フォロワーを増やすには究極これしかないです。

だって、いくらめちゃくちゃすごい人でも、誰も知らなかったら、誰にも知られないんです。
フォロワーなんか増えません。

なので、こっちからフォローしましょう。非難もあるし、あまり気持ち良い方法ではないと思いますが、もうそれしか選択肢はありません。
四の五の言わずやりましょう。

フォロバ待ちをするにあたって、何点かポイントがあります。

フォローする対象

フォローする対象は、「自分の発信したい内容に反応してくれそうな人」です。
なかなかそんな人見つからないと思うかもしれませんが、案外簡単です。

例えば、エンジニアであれば、有名なエンジニアのツイートがバズったときなんかに、
「そのツイートをRTしている人」をフォローしていきます。
これはなぜかというと、自分が発信する内容もRTする見込みのある人だからですね。

もちろん、自分もそのツイートをいいね/RTしましょう。
そうすることで、ちゃんと「俺もそのツイートに共感したぜ」というアピールにもなるし、
上記と同じメカニズムでフォローしてくれる人もいるからです。

フォロー/フォロワーの比率

フォローしてる人数が、明らかにフォロワーより多すぎる場合、人はなぜかその人に不信感を抱きます。

まぁそんなに神経質にならなくていいと思いますが、
フォローしてしばらくして(10日くらい)、フォロバしてくれなくて、大して役にも立ちそうにない人(言い方)はフォローを切っちゃいましょう。
フォロバしてくれた人は切っちゃだめですよ。

「そんなことしたら、あとでまたフォローしちゃったとき文句言われないかな」
なんて思いますよね。僕も思ってました。
実際なんか言ってる人もいます。

でも、そんなことを気にしていてはマーケティングはできません。
何をやっても全員賛成するわけはないのです。
小さい声を恐れて、大義を見失わないようにしましょう。

批判が大多数になるとさすがにダメかなと思いますけどね。
それは「一般的に見て、よろしくない」ということになるので、ヘイトが高いだけです。

フォローするタイミング

意外とこれが大事みたいで、ちょうどツイッター開いてるときにフォロー通知が来ると、つい見ちゃいますよね。

体感もありますが、かなりフォロバしてもらえる確率が上がります。

特に、昼の12時過ぎ、夜7~9時あたりは非常にフォロバしてもらえる確率が高いです。

ずっとはやらなくていい

こんなことずっと続けてたらめちゃくちゃ疲れますし、楽しくないです。
テーマにもよりますが、ある程度フォロワーが増えたらあとは勝手に増えていきますので、その段階までがんばりましょう。
もちろん、もっともっとマッハで増やしたい場合は続けてもいいと思いますが。

おわり

最後になりましたが、
「フォロワーを増やしてどうするのか」
が決まっていないと、なかなか軸がぶれて内容のない人になってしまう恐れもありますし、
目的がないと物事は続けられませんので、まずはそこを決めましょう。

ではでは、圧倒的なSNSマーケティングを!

告知

告知

twitterフォローしてね!