褒め上手は聞き上手 「太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~」

先日、Amazon Prime Videoで太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~というドラマを発見し、視聴してみました。

なぜこのドラマを観ようと思ったのかというと、正しいほめ方を学ぶため…ではなく、僕の好きな木南晴夏が出演しているから。
出演者からドラマを選ぶのも悪くないなーと最近は思います。

で、実際観た感想なんだけど、おもしろい




もう全体的にギャグ一色で、ずっとコミカルなテンポで進む。

内容は、簡単に要約すると

いろんなタイプの人間に対して、絶妙な褒めフレーズで褒め落とししていく

という感じ。

あー、こういう人いるいる…って感じで特徴的なタイプの人間が次々でてきて、それをゲーム感覚で褒め落としていく。

あと木南晴夏はやっぱりかわいかった。

褒め上手は聞き上手

「太鼓持ち」というと、あんまりよくない印象を抱くかもしれないですね。
おべっかとか、よいしょとかね…確かに、日々そういう姿勢でいる人は、なんかへこへこしてていやだな~という感じはする。

でも、太鼓持ちは決して悪いことだけじゃない。

「太鼓持ち」って言うと言葉的にあれなので、「褒め上手」って言うことにして、じゃあ褒め上手の何がいいかというと、

褒め上手は聞き上手

なんだと思うんですよね。

そして、聞き上手は、仕事、恋愛ともに武器となります

例えば取引先の社長に、打ち合わせするためになんかすごいホテルに呼ばれたとすると、

「うわ~すごいホテルですね。僕、こんなとこ来たことないですよ…」

と、これだけでもう相手はハッピーですよ。こっちとしては、素直にすごいと思ったからそう言っただけなんだけど、素直に褒められてうれしくない人なんかそういないでしょ。
もしいたら、それはめんどくさい人なので、あんまり関わらなくていいと思います笑

で、ハッピーになった相手はどうなるかというと、いろんなことを話してくれるようになるんですよ。
心がぱっと解放されるんでしょうね。

あとは、聞くだけです。聞く合間合間も、褒めます。ただ、あからさまに褒めようとしてるのが伝わるのでは逆効果です。

素直に、すごいと思ったらその思いを伝えるだけでいいんです。

褒める相手は、目上だけとは限らないです。
部下を育てたり、外注先に気持ちよく仕事をしてもらうためにも、褒めることは大事です。

「よくがんばってくれた。」
「丁寧に対応していただきありがとうございます。」

これだけでも、次からもがんばろうってなりますよね。

なんなら、仕事中めちゃくちゃ叱られたり腹立つこと言われたりしても、最終的に褒められたら気分よく終われますよね

更に、仕事だけに限らず、人と話してるとき、女の子とデートするとき。褒めるのが上手だと、相手との距離がぐっと縮まります。

ただし、褒めるのが下手だと、逆効果です。「そんなお世辞ばかり言われてもうるせぇわ」ってなっちゃいますよね。

ドラマの中でも言われていましたが、「太鼓持ちは諸刃の剣」です…

それに、相手に特に褒めるとこがないと、褒めるの難しいですよね。。

僕はコミュ障なので、最初距離が縮まるまではろくに話すこともできない(しゃべるのが下手)んですが、距離が縮まれば話すのが下手でも話すことができますし、何より、楽しいですよね。
ぐっと距離が縮まる瞬間。

ちなみに、同業者とかだと最初からある程度距離が縮まってます(知識の範囲が近いという認識がある)ので、割と話せます。プライベートでは話せないのに、仕事の時は話せるっていうのは、そういうロジックだと思ってます笑

で、大事なのは、

相手に興味を持つこと

だと思うんです。

着ている服だったり、姿勢だったり、ちょっとした仕草、話し方、性格、いろんな角度から相手のことをちゃんと見ると、必ず「あっ、いいな。」と思うとこが見つかるはずです。

あとは、そこを普通に褒めるだけです。

褒められることで、相手は「あ、よく見てくれてるな。自分に興味があるのかな」と思って、逆に相手から自分に対する距離も縮まり、自分にも興味を持ってくれます。

そうなると、もうだいたいのことはうまくいきますよね。たぶん。

注意

ここで、僕が一つだけ注意してることがあります。
それは、

「容姿そのものを褒めない」

です。

例えば、顔かっこいい人に「顔かっこいいですね」と褒めたとしましょう。

当たり前です

イケメンなのは別に努力の賜物ではなく、ただ生きているだけでそうなので、正直、うれしくもなんともないんですよね。
バナナに向かって黄色いですねって言ってるようなもんです。

「おっぱい大きいですね」
「いい形のお尻ですね」

ただのセクハラなのでマジでやめてください。

不用意に容姿を褒めようとすると、「俺、やっぱ容姿しかいいとこないのかな…」「セクハラやん」と思われて逆効果になることが多いと思います。

褒めるべきところは、本人が努力してそうなったところ、もう少し柔らかく言うと、「本人が、自分がいいと思って選択したこと」を褒めるのが効果的です。

「パーマ似合ってますね」
「メガネおしゃれですね」
「あれ?痩せました?」

とか、そういうところであれば、容姿を褒めるのもありです。

おわり

そんな感じで、褒め上手は聞き上手、そして人との関係を良くする、極めて重要なスキルです。

恋愛や仕事にそういうテク使いたくないなという人もいると思いますが、まぁこれはテクニックというより伝え方という部類に入るかと。

伝え方ひとつで、相手の好感度が変化しますからね。

上司を、好きな子を、取引先を。
ぜひ、褒めてみてください。

ではでは、良い聞き上手ライフを!

告知

告知

twitterフォローしてね!