ブログのアイキャッチやバナーにも使える高品質素材サイトまとめ

私のようにデザインをほとんどしない制作者でも、やはりWebサイトには画像を使う必要があります。テキストだけのサイトだと寂しいですからね…

そんなわけで、本記事では私も普段使用させていただいている素材サイトを紹介します。制作だけでなく、ブログのサムネイルなんかにも使えます。

アイコンフォント編

イラレで素敵なアイコンを作れる方もそうでない方も重宝するのが、このアイコンフォントと呼ばれるもの。

アイコンフォントはどういうものかというと、フォントのように使えるアイコンです。さらに言えば、画像なのにテキスト用のCSSが使えるアイコンとなっており、大きさや色が自由自在というわけです。昨今のWeb制作ではほぼ必須となっている技術ですね。

Font Awesome

リンク→ Font Awesome

アイコンフォント界の巨匠。膨大な数のアイコンフォントがあり、ここでだいたいのアイコンフォントは賄えると思います。

有料プランであれば、様々な太さのアイコンが使用できます。また、SVGでアイコンを入手することもできるので、フォントとしてだけでなく、画像としても使える神のようなサイト。

IcoMoon

リンク→ IcoMoon

こちらのサイトのすごいところは、自分で作成したSVGアイコンをアイコンフォントに変換し、Webサイトで使えるというところ。

Font Awesomeでいいアイコンがない、もしくはFont Awesomeのアイコンをもうちょっと改造して使いたいなんてときは、こちらのサイトを使ってみてください。

イラスト・画像

アイコンフォントだけでも、Webサービスやアプリ等のUIは素敵になるでしょう。しかし、Webサイトとなるとやっぱり何かアイキャッチがほしい。

そんなときは素材サイトでサクッと入手しちゃいましょう。

PIXTA

リンク→ 写真・イラスト・動画素材販売サイト【PIXTA(ピクスタ)】

国内産の大手素材サイト。グローバルな素材サイトに比べ、日本人の写真素材が多く使いやすいです。

ぱくたそ

リンク→ ぱくたそ

ぱくたそは、高品質な素材が大量にあるのにも関わらずなんと基本無料で商用利用までできてしまうという神のようなサイトです。神のようなサイトが1記事に2つも出てしまいました。

基本無料にも関わらず、モデルさんが60人以上います。その中でもイチオシなのが、

茜さやさん。どタイプです。使いまくりたい!

よし、積極的に使っていこう。

いらすとや

リンク→ いらすとや

こちらは今やWeb制作者じゃなくても知りわたっているほど有名ですね。

かわいいイラストが大量にあるのはもちろん、商用利用可。そしいらすとやさんの愛されポイントは、けっこう攻めてるイラストが多い点です。

例えば…

電車でVRゴーグルを付ける人たちのイラスト

攻めてますね…社会風刺です。

ハネオツパイのイラスト

なんなんですかねハネオツパイって…聞いたこともないです。なんでこれをイラストにしたんでしょうか。

シルエットデザイン

リンク→ シルエットデザイン

こちらは様々なシルエットをベクター素材で配布しているサイトです。

シルエットのベクター素材というのは初心者でも思いのほか使いやすく、例えば写真素材を人物の形に切り抜くなんてことが簡単にできます。

まとめ

以上、Web制作に使えるサイトを紹介しました。

デザインなんてできない!という非デザイナーの皆さんでも、例えばbootstrapで作ったサイトに大きいアイキャッチ画像をドンと入れるだけでも印象がガラリと変わりますよ。



フォローする